FPブレーンホームページ

FPブレーン現場レポート

日々の業務で思いついたことや、投資の考え方について掲載しています!

2006年12月20日
海外口座開設は誰でもできるの?そして、なんのために?

今回は、真剣に(いや、いつも真剣です!)岩川さんと海外口座について話しまし た。
「もし私達が暮らしているこの日本、そして金融機関になにか起こったら・・」
を想定して話を進めていきました。

「もし、金融機関に安心して預けているお金が返ってこなかたら?どうします?」
「国が破綻したらどうします?」
と岩川さんは私に尋ねてきました。

私はすぐには答えを出せませんでした。だって、そんなこと考えたこともなかったからです。
下をむいて考えていた私に岩川さんは言いました。
「視野を広く持ちましょう!国は日本だけではないんですよ。
視野が広い人は海外預金をしています。」と岩川さんは言いました。

わたしは「一般人には無理ですよ~。私は貧乏だし、それは金持ちができることです!」
と首を横に振りました。

すると、岩川さんは
「そうやって今の人達は得するチャンスを逃しています!
言葉さえ問題なければ一般の人でも容易に海外口座を持つことができます。
円のチカラはいま着実に落ちているのに、アジアの通貨価値は上がってきているんです。
これはほっとけない状況です。

日本の金融機関にすべて預金するよりも、海外のいろんな通貨を保有し分散することが、あなたの資産を守るために大切なことです。

もし、日本の金融機関に何か起こっても海外に貯金があるから
パニックに陥ることもないでしょう。そういうことなのです。」

「そっか。。何が起きても変じゃない世の中、自分のお金は自分が守らないと!」
と私はココロから思いました。

皆さんもこんな不安があるのではないですか?
不安に思ったらそく相談です!
私も、今日から岩川さんに相談しながら海外口座に向けてお勉強してみます☆

2006年12月27日
楽してお金を儲けることができる??

私は常に思っていたことがあります。
それは楽してお金を儲けられないのか・・・
こんな誰でも一度は考えるであろう疑問。

そんな質問をFPブレーン岩川さんは笑顔で答えてくれました。
しかも、「正しい知識を学べば、資産を増やすことができる。」そうです。

でも・・・・
わたしは、典型的な0型で大雑把、めんどくさがりやです。
そんな常に頭をフル回転させて、こまめにお金の管理はできません。

それを岩川さんに相談すると、
「それでも大丈夫です!」と素敵な笑顔で私に希望の光を与えてくれました。

金融関係の方は、損害が出そうになると新しい金融商品を買わせようとしますが、
それは有効な手段ではないそうです。
FPブレーンはいろんなものに手を出す方法ではなく、
その方々に合った商品で「耐えて危機を乗り越える方法」を進めるそうです。

なぜなら、経済は常に成長しているから上がるときもあれば、下がるときもある。
統計学的に変動型の金融商品は7年間我慢すれば必ずプラスになるそうです。
でも、やはり人は悪い方向に少しでも傾けば、少しでも良い所へ行こうとしてしまいます。
それが、小さく儲けて大きく損をするらしいのです!!

だから、FPブレーンは下がったときに持ちこたえれるように、そして目標達成のためにアドバイスとフォローを与えてくれます。(これは、ココロに大きな安心感を与えてくれます☆)

若い女性の方ほど、時間を味方に付けれるので資金を増やす大きなチャンスがあるそうです。
だから、何もしなかったらもったいない!!
何もしなくても資金が増やせるチャンスがあるのだから、FPブレーンに相談してみよう☆

2006年10月20日
私の笑える海外生活失敗談

今月は私が海外にいた時の失敗談を話したいと思います。
私の人生は失敗から成り立っているのではないか!?と思われるくらい
失敗が多いです。
日常からこうも失敗が多いので、海外にいた最初の半年は散々たるものでした。
(どんな失敗か聞きたいって!?)
では、数多くある失敗談の1つをあげてみたいと思います。

アメリカの学校に通っていた頃、台湾人の友達と『Taco Bell』というファーストフード店に行ったときのお話しです。私は、タコスを買おうとレジに並んでいました。
レジにいた定員さんは背の高い筋肉質な体の黒人のお兄さんでした。
私がいた場所はアメリカのテネシー州メンフィスと言う地域で南部訛りが激しいところでした。
「いらっしゃいませ。」

までは理解できたものの、それからなにを言っているのか全くわからない!

「どうしよう~」と困った私が考えた決断は
「私の前に並んでいた人が言っていたフレーズをそのまま言えばいいんだ~!」
と大したヒアリング力もないのに聞こえてきた単語を必死にならべました。
(このとき緊張度100%)

そして出てきた言葉が 「I Like Taco!」 直訳すれば「私はタコスが好きです!」
定員の黒人のお兄さんはお腹を抱えて大笑い・・・(涙まで流していました。)

そりゃそうです。定員のお兄さんに私の好きなものを豪語して何の意味があるのか・・
笑われても仕方が無いことです。(私は、そのあと何もいえず顔を真っ赤にして退散しました。)

皆さんもこんなことがないように、私は「FPブレーン初級コース」をオススメします。
初級コースはそういった海外生活で遭遇するあらゆる状況を想定した場面をつくり
どのようなフレーズで対応するのかを学ばせてくれます。
いつ何時どんな状況になるか分からない海外生活に、これは打って付けだと思います。

特に私のような極度のあがり症の方はぜひトライしてほしい授業です☆

2006年8月20日
海外から帰国する時、銀行口座を解約すべきなのか?

こんにちは☆今月からこのコーナーを担当させて戴くことになりました佐々木です。
これからどうぞよろしくお願い致します。
私は以前、海外に5年留学していました。1年半前に帰国したのですが、帰国する時に
気になって仕方なかったことは銀行口座でした。そのままにしておくべきなのか・・・
解約するべきなのか・・・・、そして友達に相談したところ
「お金が関係してくる問題だから、そのままにして何かあった時が怖い!」
と言われ、私も「そうだよね!」と思い解約して帰国しました。
それをFPブレーンの岩川さんに話したところ、それは間違いだったことが判明しました。
現在、海外(特にアメリカ)で外国人が銀行口座を持つことは難しくなっているそうです。
日本の銀行に何かあった場合、海外留学や海外へ旅行する場合、外国為替で
儲けたい場合など、何かと海外に銀行口座を持っているほうが便利です。
しかし、今は誰でも簡単に海外で口座を開けない事を聞くと・・・・

「なんてもったいないこと事をしてしまったのだろ~(泣)」と後悔してしまいました。

こんなことにならないためにも、まず疑問に感じたら、FPブレーンの方々に相談してみては!
きっと良い解決策が見つかるはずです☆

ページトップへ