長期投資はアクティブより、インデックス投資が無難。

短期の運用においては、アクティ運用、インデックス運用ともに、簡単に判断する事は難しいです。

しかし、長期で見た場合、インデックスファンドを上回るアクティブファンドは、2割前後と言われています。
弊社でも、過去のデータで検証していますが、確かに、そのようなことが言えるのかも知れません。

その簡単な理由としては、2つあります。

◎ひとつは、コスト(手数料)の影響
アクティブファンドは、専門家による投資先の選定などに費用が掛かるため、信託報酬(毎年取られるコスト)が高く設定されており、インデックスファンドと比較しても2倍から3倍以上になることもあります。長期で考えた場合、常にこの手数料の差を埋めるだけの運用成果を挙げなければならないということです。

◎二つ目は、効率的市場仮説。
「掘り出し物はない」という解釈です。 
効率的市場仮説とは、現在入手可能な情報はすべて株価に織り込まれており、株価は、常に適正価格に落ち着いているという考え方です。
この「効率的市場仮説」が本当であれば、現在入手可能な情報から、調査し、研究しても、割安な株を見けることは不可能と考えられるわけです。

つまり、あれこれ、高いコストを払って探しても、結局、市場の平均指数(インデックス)をだまって持っていることは、それなりの結果が得られ「無難」であると言うわけです。

この「効率的市場仮説」は、考えれば考えるほど奥深い仮説ですが、これを信じる、信じないは、別にして、黙って放置ができるなら、インデックスファンドを利用した長期国際分散投資が有効と考えるのではないでしょうか。

ただ、むやみにインデックスファンドを購入したから、資産形成が成功する訳ではありません。また、平均値を数十年も勝ち続けているアクティブファンド存在します。

インデックス運用か、アクティブ運用かが重要なのではなく、「パッシブ運用」であるかどうかです。
この意味がわかるまで投資の勉強は必須です!