FPブレーンホームページ

老後とお金に関する調査 

こんにちは。FPブレーンの見川です。
毎日寒い日が続いていますね。

先日、日経新聞の記事になっていた調査が気になり、詳細を見てみました。
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が実施した「老後とお金に関する調査」

「あなたは老後の生活資金についてどう思いますか?」
不安に思う、どちらかと言えば不安に思う と回答した方は、全体の81.3%。
老後の資金に不安を感じている方が非常に多いことがわかります。
理由としては、実際にどのくらいの生活費がかかるのか、また今後公的年金がどうなっていくのかがわからない、といったことが挙げられているようです。

では、「年金以外に老後資金をどのように準備していますか?」という質問に対しては、
1位「預貯金で準備する」40.9%。
2位「老後も働く」35.7%
3位「金融商品で増やす」16.7%
という結果になっています。

そして、「お金にまつわることで悩んでいること」として32.3%の方が挙げているのが、
「貯蓄ができない」ということ。

将来のために貯金しなければ、ということはわかっていても、今の暮らしにいっぱいいっぱいで、なかなか貯められない。そんな現状が、老後の生活資金への不安を大きくしているのだと思います。

老後資金の形成の方法として、今年から始まった個人型確定拠出年金や、NISAは、有効なものですが、これらも「投資」なので、やはり金融商品に関する知識を持ったうえで始めるべきもの。「金融商品で増やす」という意識がないとなかなか手を出しずらいかもしれません。
今後、どのように広がっていくのか、注目したいところです。

ちなみに、昨年金融庁が行った調査(国民のNISAの利用状況等に関するアンケート調査)によると、投資未経験の方の83.1%は、「資産形成のために有価証券への投資は必要ない」との結果。
イベントなどで、資産運用のお話をすると、「うちには関係ないから・・・」とお話しされる方が多かったことをふと思いだしました。

資産運用が「必要ない」「関係ない」と思っていた私。このようなアンケート結果を見て資産運用を「知らない」方が多いということを実感するとともに、もったいない。と感じます。

知識ゼロだった私が、資産運用を知って感じた「目からウロコ」の情報を、投資初心者の方にもわかりやすく、そして投資経験のある方にも役立つようにお伝えできるホームページを作っていきたいなぁ。と改めて感じました。
今年の目標のひとつです。
あっという間に1年が終わってしまった・・・とならないように、頑張っていきたいと思います。

※先日、勉強会で訪れた証券会社のビルからの景色です。気持ちの良い青空でした!

ページトップへ