FPブレーンホームページ

「申酉騒ぐ」2017年

FPブレーンの岩川です。

想定外の出来事ばかりのこの1年。

金融ではありませんが、国民的アイドル「SMAP」の解散もその一つですね。とくにファンではありませんが、残念に思います。
と言うのも、40歳を過ぎて、未だアイドルの前線で活躍するSMAPはまさに「偉業」。我々、40代のおっさんにとって、彼らの活躍は、まだまだ40代は「若い!まだまだできる!」という根拠のない自信を湧き与えてもらえる気がします。
また、今後50歳に向けて、どのような立ち位置を築くのか大変興味を持っていました。白髪姿で、格好よく料理を作る「ビストロSMAP」を見たかったです。笑
私と同じように思う方は、意外といらっしゃるのでは?笑
いやいや残念です。「TOKIO」や「V6」の今後に期待です。

では、話を戻して、さきほど大納会も終わり、今年も干支から見た来年の「相場の格言」を紹介します。

■■■干支から見た来年2017年の相場。■■■

はじめに、今年2016年の株式市場、為替市場の
結果は下記の通りです。

★株式市場
2016/01/04大発会 終値 18,450.98
2016/12/30大納会 終値 19,114.37
今年の騰落率・・・・+3.59%

★為替市場(対ドル)
2016/01/02 終値 120.30
2016/12/30 15:00現在 116.67
今年の騰落率・・・・-3.01%

日経平均は2012年より5年連騰になりました。

今年2016年は「騒ぐ」という格言のとおりでしょうか。
年初から株式市場の下落、6月は英国EU離脱決定、11月にはトランプ氏の米国大統領当選と、想定外の出来事で、乱高下を繰り返したマーケット。

まさに「ドキドキ」した「胸騒ぎ」の1年でした。

しかし、結果を見れば、またまた、株高、円安と、資産上昇につながる1年となりました。

さて、来年2017年の「酉年」の格言は・・・

2016年と同じく 「騒ぐ」 です。
「申酉騒ぐ」です。

「強気相場は、悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」という相場の格言があります。

皆さんは、どの場面と感じますか?

長期投資においては、1年の株価動向はあまり重要なことではありませんので、むしろ「ドキドキ」を軽減させることに「力を注ぐ」方が
良さそうですね。
つまり、短期的なマーケットの動きは、戦略的に「気にしない」と言う考えを強く持つことも大事だと思います。
では、その気持ちを忘れずに、新しい年を迎えましょう。

★★★今年1年も大変お世話になりました★★★
今年も、昨年に引き続きセミナー開催を多く行いました。
たくさんのご縁もでき、この時期はやはり「感謝」の気持ちです。

来年も、その気持ちを忘れず、日々の業務に取り組みます。

では、みなさまにとって、2017年も幸せいっぱいの1年になりますよう、お祈り申し上げます。
良いお年をお迎えください。

【写真】投資信託の勉強会 2016/11
(グループ勉強会。ご希望の内容で行うことも可能です。)

ページトップへ