FPブレーンホームページ

サービスのご案内

投資信託の見直しなど資産運用のことならFPブレーンにご相談ください!

トップページ > サービスのご案内 > 資産運用のご相談

1.お客さまの投資目的および投資に対するお考えをお伺いいたします。



お客さまのお考えに基づいた資産形成サービスを提供するために、ヒアリングシートを参考に、これまでの投資経験やリスク許容度、価値観などをご質問させて頂きます。資産形成のプランやポートフォリオの資産配分は大切なのですが、弊社ではとくに、ひとりひとり異なる性格(楽観的、悲観的、心配性)はより重要と考えて、じっくりとお伺い致します。






ココが違う!「弊社だからできるアドバイス」
資産運用の失敗の多くは、価格変動による「ストレス」や「後悔」への対処が大きな要因ひとつとなります。人は、頭で考えているほど合理的に行動できる動物ではありません。苦痛から解放できるなら、その後のライフプランに大きく影響する事を知りながら、大きな損失も確定させてしまいます。
弊社は、2000年のネットバブル崩壊による低迷、リーマンショックの大暴落も、既に運用のアドバイスを経験しています。お客さまの投資行動、心理状態を感じ、一つ一つを経験として乗り越えて参りました。その豊富な経験は、皆さまの資産運用に役に立てると考えております。

資産運用で起こりうる「ストレス」や「後悔」を事前に想定し、その対処を運用前にアドバイスすることが、最も重要な役割でもあると考えております。


2.お客さまが判断できる投資の一般的情報を提供致します。


「こちらがお客さまにとって最適なポートフォリオです」と複数のプランを提案されても、それが実際に自分の意向に沿うプランであるか判断する事は難しいものです。その判断できる、投資の一般的な知識を提供しています。

ココが違う!「弊社だからできるアドバイス」
例えば、金融機関でファンドラップを提案される場合。
3%を目指すポートフォリオ、5%を目指すポートフォリオなど、プランによって、リスクとリターンの違いを説明され、どちらが良いのか選択する事になります。
しかし、実際は3%を目指すポートフォリオにも、2つの運用方針があります。積極的に利益を目指すアクティブ運用か、平均的な運用を目指すパッシブ運用か二つあります。
これが実は大変大事です。このような情報も弊社は提供し、提案します。


3.お客さまの投資方針に基づいた資産形成プランをご提案致します。




ページトップへ